2010年06月01日

個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)

 広島法務局は26日、人権擁護部職員が部内で使っていたパソコンの外付けハードディスクが紛失したと発表した。相談者ら97人の個人情報が入っていたという。悪用されたとの報告はなく、同局は相談者らを直接訪問して謝罪し事情を説明したいとしている。
 同局によると、職員が18日に出勤した際、ハードディスクがなくなっているのに気付き、自分で捜したが、見つからないため翌19日に上司に報告した。同部が事務所内を調べたり、職員らから事情を聴いたりしたが、発見できず、24日に県警広島中央署に遺失物届を出した。 

【関連ニュース】
日弁連に人権救済申し立て=長官銃撃の警視庁発表で
児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯

従業員ら4人を起訴=一家3人強殺、遺棄―長野地検(時事通信)
官房機密費「目的分からぬ」(産経新聞)
iPad、教室での活用法は?(産経新聞)
文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
医師、投与認める供述=不同意堕胎事件―警視庁(時事通信)
posted by アリイズミ トシ at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。